おいしい豆腐ができるまで

但馬屋食品は、お客様にいつでも美味しい豆腐やあげをお届けできるよう、毎日努力と工夫を重ねています。工場ではどのように作られているのか、工程をご紹介いたします。

水に浸した大豆

大豆を水に浸してふくらませます。つける時間は気温などによってかわります。(8~24時間)

arrow1

グラインダー

水を加えながら、大豆をすりつぶします。すりつぶしたものは呉(ご)と呼びます。この作業で豆乳濃度を調整。

arrow1

煮沸

呉を煮ます。この時の温度や時間が味を左右します。いつでも美味しい豆腐ができるよう、厳しく工程管理しています。

arrow1

凝固剤の投入

豆乳とおからに分け、豆乳ににがりなどの凝固剤をいれます

  • 豆腐
  • あげ

成型

布を敷いた箱に流し込み、整えます。

arrow1

プレス

圧力をかけて水を抜いていきます。(木綿豆腐)

arrow1

切り分け

熟成させた後、切り分けます。工場によっては昔のお豆腐屋さんのように、水の中で手で切り分けます。

arrow1

容器に入れる

切り分けられた豆腐は、ひとつひとつ丁寧に容器に入れていきます。この後、包装され、人の目によるチェック、金属探知機など機械によるチェックなどを経てお客様の元へ届けられます。

成型、プレス

型に流しいれた後、プレスして水分を抜きます。

arrow1

カット

熟成させた後、カットします。

arrow1

あげる

フライヤーであげていきます。低温でじっくり伸ばした後、高温であげられます。実際に職人が手であげる商品もあります。

arrow1

冷ます

出来上がったあげは冷ましてから包装されてお客様の元へ届けられます。

豆腐やあげがもっと食べたくなる!工場長インタビューはこちら!