研究開発

研究開発研究開発

本社に付設した研究室では、各工場でサンプリングした商品の菌数検査、保存試験など、厳しい検査・分析を行い、徹底した品質管理を行うとともに、7S活動の環境衛生面の指導をするなど、おいしさと安全性が行き届いた商品づくりをサポートしています。

また、多様化する時代の変化に対応し、おいしくて健康に良く、微生物的に安全で長距離輸送にも耐えられる新商品の研究・開発にも積極的に取り組んでいます。

特に、私たちは既存エリアにおける共存共栄の方針を提唱しており、シェア拡大をはかるために、他社にはない付加価値の高い商品を生み出すよう技術開発を行っています。
また、需要の広がりに伴い拡大する販売エリアに対応できる商品の開発という課題をクリアするために、既存の商品の品質、日持ち等の向上に向って、研究室一丸となって、さまざまな実証的シミュレーションを繰り返しております。鮮度に厳しい消費者の味覚と安心感に的確にアピールする商品の開発を進めています。

さらに、まだまだ未知の領域といわれる大豆たんぱくの可能性に着目し、自然派へルシー志向で行動的な現代のライフスタイルにフィットした商品づくりにもチャレンジしています。


いずれの商品においても、最良を目指して定期的にレシピを検討。心から満足いただける商品の生産・供給に努めています。

健康志向・自然志向の時代を前にますます高まる大豆たんぱくの利用性。私たちはこれからも、大いなる開発精神を胸に、付加価値の高い商品の開発と食生活の提案を意欲的に続けてまいります。